アトピーと保湿ケア

アトピーは保湿で改善

アトピー肌のスキンケアで大事なのは保湿ですね。 私は病院でもたった薬と保湿剤をメインに使用しています。。 なんだかんだでいろいろ店舗で探すといろいろ試してみたくなるけど、 肌に合わないと大変なことになってしまうし、病院でもらうのが一番安心ですよね。

金銭的にも安上がりだと思います。 ただ診察を受けなくてはならないのが面倒です。 後はセラミド配合の化粧品は色々チェックしています。アトピー肌は常にセラミドが不足しているそうです。ヒフミドやディッセンシア、キュレルなどいろいろ試しています。

個人的にはヒフミドは非常にお気に入りです。セラミド配合の化粧水とクリームはずっと愛用しています。セラミド4%配合のクリームは保湿力が抜群です。またパラベンやエタノールなども無添加なので皮膚への刺激がほぼありません。

後はお風呂も工夫してます。 お風呂は冬は毎日はいらないとか。 ちょっと不潔かな―とは思いますが、アトピー肌の人は乾燥してるので問題ないです。 後は石鹸で洗うのは週に一回にするとか。 石鹸て案外危険なんですよ。 肌の上にいるいい皮脂まで落としてしまいます。 なかなか復活しないのですよ。 なのでお風呂では軽くタオルで拭くくらいでいいと思います。 これはアトピーに限らずです。

後石鹸で気に入ってるのはモズの魔法石鹸です。 海藻のモズクから採れるエキス「フコイダン」を配合した石鹸です。保湿力に優れ、バリア機能を保持。肌荒れ対策にオススメできます。パラベンや香料、合成界面活性剤、保存料などの刺激物は無添加だから安心して使用可能です。

2014年2月12日|

アトピー肌にベビーオイル

 私はアトピー性皮膚炎で小さいときからずっと悩まされてきていますが、特に重病のアトピーの患者の人とは違ってまだましな方だと自分では思っています。

 アトピー特有の肌が乾燥してかゆくなったり、関節部分のところが特にかゆくなったりします。ときにはあまりのかゆさにかきむしったりすることも多々あります。ですので私は数々の病院に行ったり多数の薬を処方してもらったりしてアトピーの肌をなおそうと一生懸命努力してきました

 どのようにスキンケアをすればいいのかは専門家の先生たちにいろいろ聞いてそれを実践してきました。やはりその中でも1番良かったのが保湿成分をしっかり含んだ赤ちゃんなんかによくぬっているベビーオイルです。赤ちゃんがぬっても大丈夫なオイルですので、大人の人がこれを塗ったからといって肌が荒れることはまずありません。

 また赤ちゃん専用オイルですので持ち運びも非常に便利ですし、オイル臭さやベタベタ感もまったくなく本当に使いやすいものです。今まで私がいろいろなものをつかってきた中で1番良かったのがこのベビーオイルだったのです。特に乾燥する冬の時期は重宝します。夏でもベタつかないのがいいですよね。アトピーの方には是非このベビーオイルをおすすめします。 

サンホワイトというベビーオイルが有名です。こちらは品質のいいワセリンを配合しています。肌に負担を掛けることなくバリア機能を改善して乾燥を防止してくれます。皮膚科で処方されているプロペトも有名です。こちらはより低刺激の白色ワセリンです。顔以外の部位にはベビーオイルを塗って乾燥による炎症を予防しています。  

2014年2月12日|

アトピーには保湿化粧品

子供の頃に患ったアトピーも、大人になってから大分よくなってきたんですが、たまに油断するとアトピーの症状が現れることがあります。ガサガサして痒みを生じて、ひどい時には掻きむしったりしてしまう事も。そうならないように年中保湿は心がけています。 特に冬になると空気が乾燥して肌の水分が蒸発します。それが原因でバリア機能が乱れてしまいアレルゲンとなるハウスダストやホコリなども肌に侵入します。

特にその症状が現れやすいのは冬場なんですが、冬場はあまり体を念入りに洗わないようにしています。一般的なナイロンタオルなんかはもってのほかで、洗うとしても低刺激タイプの石鹸を使用してネットでよく泡立ててから、その泡を体に乗せていくようにして洗うと、汚れも落ちて尚且つ肌に優しい洗い方が出来ますね。

それと同じように顔も肌が荒れないように気を使い、メイクは自然派のものを選び、メイク落としもオリーブオイルを主原料としたもので落し、肌になるべく負担にならないように努力をしています。

今では一昔前と違って、ネットからでも、アトピー用の自然なもので低刺激タイプの物の種類も豊富に取り揃えられ、化粧品もセラミドを配合したアトピー化粧水(http://www.knuckerpress.com/)や油分でバリア機能を保持する乳液などの基礎化粧品を簡単に探して買えますし、自分に合う合わないというのがいろいろ試せますので本当に助かっています。

アトピーは一度悪化すると治療が大変だというのは心得ていますので、これからも肌の保湿はしっかり行っていくつもりです。保湿はお風呂の後、洗顔後は特に注意しています。刺激の少ない石鹸で優しく皮脂を残すように洗い、セラミド配合の化粧水やクリームで保湿します。体全体にはワセリンなどのオイルを塗っています。

2014年2月12日|